open air party

open air party

 
 

infomation

GLOBAL ARK - The Wonder Voyage -

12.8 Fri@Shibuya Contact


2018年のGLOBAL ARK開催に向けての準備期間を「航海」と見立てての出航を祝した、
一夜限りのスペシャルイベントを開催。乗り遅れるな!!  GLOBAL ARK 公式Facebookページはこちら

詳細はこちら

Open 22:00
 BEFORE 23:00 :¥1,000
 UNDER 23        :¥2,000
 GH S Member  :¥2,500
 W/F                   :¥3,000
 DOOR               :¥3,500
 
チケット情報はこちら

CONTACT
〒150-0043 
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館B2F
03-6427-8107

DJ LINE UP

STUDIO X
 Sleeparchive (Tresor | Demmark) - Live
 Alfredo Mazzilli (Edit Select | Weekend Circuit | Italy)
 DJ MIKU
 Go Hiyama (Hue Helix)

CONTACT
 J.A.K.A.M (NXS | CROSSPOINT)
 CHOKO (Digitalblock)
 NAO (rural | addictedloop | LIVING ROOM)
 Kojiro (Hypnodisk | Re:birth Festival)
 DUBO (GLOBAL ARK | iLINX)
 六弦詩人義家 with Guacamole Queen

 RYOICHI KOMAGOME (GLOBAL ARK | 波紋-hamon-)

DECORATION
 Taiki Kusakabe
SHOP
 UPPER HONEY
 AMAZON HOSPITAL
 KIYOYA
 Namaste Chai shop


Sleeparchive (Tresor Records | DK)
 


東ベルリンで育ったSleeparchiveことRoger Semsroth。ダークなポストパンク エレクトロニックスやEBMがエレクトロニック・ミュージックへの入り口となり、その後 SkanfromやTelevision Set等のプロジェクトを始動。
90年代、Mika Vainio、Jeff MillsやRichie Hawtinに影響されテクノへの道を進む。2004年にSleeparchive名義で初の12”をリリースし、その後も途絶える事なく数々のプロダクションを世に送り出してきた。
独特の世界観を持つ彼は、DJ Pete aka Substanceとのプロジェクト TR-101としても活動し、世界中のクラブやフェスティバルで活躍している。

Alfredo Mazzilli (Edit Select | Weekend Circuit | Italy)
 


イタリア出身のDJ/プロデューサー、Alfredo Mazzilli。幼い頃から音楽へ熱情を持ち、ギターを始めた。その後、エレクトロニック ミュージックへ傾倒、現在に至る。様々なジャンルを取り入れながら、独自のスタイルを表現し、一貫性のあるプロダクションを生み出している。”Weekend Circuit”、”Edit Select Records”や“Lanthan.audio”からリリースし、最近では“Blankstairs”から「Vanaheimr EP」が2017年の7月にリリースされたばかりだ。

DJ MIKU
 


90年代初期「クラブラゼル」にて日本初のアフターアワーズ・テクノパーティーのレジデンツDJとして注目を集め、このジャンルの創世記を担う。1992年-1996年に開催されていた、ウエアハウスパーティー「Key-energy」のレジデンツDJとしてGOLD、Janggle Bass、Beam Holl、Ball Room、原宿歩行者天国など次々とサウンドシステムと共に場所を移動しプレイを慣行。その他「RAINBOW2000」「春風」「BIG CHILL Enchanted Garden」他数々の国内外の野外イベント、フェスなどに出演。1996年にはレーベル「NewStage Records」を設立。Hideo Kobayashi、DJ Natsuとの3人組みユニット、LOTUSでフルアルバム “Kasumi exprience”をリリース。同年レーベル名を「NS-COM」に変名し、東京、ロンドンを拠点にアーチスト作品を次々リリース。ヨーロッパツアーなども同時期に行う。1998年以降、エレクトロニカ、アブストラクトに傾倒。それらのアーチスト作品のプロデュース、リリースに専念。2001年エレクトロニカの4つ打ちという解釈で集めたトラックをコンパイルした初のミックス CD “Sequence-phenomenon”をMusic Mineよりリリース。その世界観を主軸に渋谷WOMBで開催されていた「CYCLONE」にて、レジデンツDJとして6年間プレイする。作品においては90年代から2010年代までDJ MIKU名義でPickin’mushroom、Pussyfoot、WC Recordings、Blank Records、Music mine、 Hypnotic Room等からリリース。またレーベルBlank Records、ElectricPunchesの設立、アーティストのプロデュース、楽曲提供などマルチな活動も展開してきた。
2011年からは野外パーティー「GLOBAL ARK」を仲間と共に主宰。
2016年6月自身初のソロアルバム「Basic&Axis」を先行デジタルリリース。そして満を持して2016年9月28日にCDアルバムとしてリリースした。

GO HIYAMA (Hue Helix)
 


大学では建築を専攻。在学中にイギリスのエレクトロミュージックレーベルCodaよりデビューする。 その後も、様々なレーベルより作品を発表。そのタイトルは80を超える。
卒業後、制作活動の一方でDJとしても活動。毎年のように海外でのツアーをはじめる。これまでにスペイン・オランダ・イギリス・ドイツ・チェコ・スロバキア・シンガポール・韓国等で出演し、2009年にはオランダ最大級のフェスティバル「AWAKENINNGS」では、日本代表として選出。2013年は世界最高峰と称されるベルリンのクラブ「Berghain」にも出演をはたし、翌年2014年にはテクノを語る上で外す事のできない名門クラブ「Tresor」での出演も経験。
その経験と交流を活かし、自身によるレーベル「HUEHELIX」を立ち上げ、国内外に向けてアナログレコードをリリース。
現在、その音楽性を拡大させ「エコーズブレス」を設立。空間音楽、プロダクト、映像などのサウンドデザインに携わりながら、「音」を見つめなおす展示会「見えない展示」の主催など、様々な視点から音を追求している。
2017年4月にはCW/Aが主宰するParachute Recordsよりアルバム「I Am Goodbye」をリリース。「否定」をコンセプトに生み出されたその楽曲はクラブ・ダンストラックの枠組みを超えた新たな表現を提示している。

https://soundcloud.com/go-hiyama
https://www.facebook.com/gohiyama.official/?fref=ts

J.A.K.A.M. (NXS/CROSSPOINT)
 


10代からバンドとDJ両方の音楽活動を並行して始め、スケートボードで知り合ったメンバーで結成されたバンドの音源は、90年代から国内外のレーベルからリリースされる。
DJとしても革新的でオリジナルなスタイルが一世を風靡し、瞬く間に国内外の巨大なフェスからアンダーグランドなパーティまで活動が展開される。
ソロの楽曲制作としても米GRAND ROYALからのBUFFALO DAUGHTERのリミックスを皮切りに、BOREDOMS等のリミックスも含めメジャー、インディー問わず様々なレーベルからリリースされ、電子音楽、インプロビゼー ション、民族音楽、そしてあらゆるダンスミュージックを内包した作品群は、キューバを皮切りに世界各地のミュージシャン達とも録音され、新たなWorld Musicの指針として、自ら立ち上げたレーベルCROSSPOINTから精力的にリリースされている。近年は音楽制作のみならず、映像作品、絵本や画集 のプロデュース、また野外PARTY,ONENESS CAMP"縄文と再生”を企画するなど活動は多岐に渡る。2015年から始まった怒濤の9ヶ月連続ヴァイナルリリースは大きな話題になり、その年末にはCD2枚組のソロ4作目のアルバムをリリース、その影響でベルリン/イスラエルのレーベルMalka Tutiから12インチヴァイナルがワールドワイドにリリースされるなど海外でもその余波が広がる。先ごろ最新アルバム「COUNTERPOINT X & Y」収録曲を気鋭のプロデューサー達が解体/再構築したリミックスアルバム「COUNTERPOINT RMX」を発表した。

https://www.facebook.com/JAKAM-1470381709907128/?fref=ts
https://www.mixcloud.com/JAKAM/

CHOKO (DIGITALBLOCK)
 


1976年横浜生まれ。94年よりHIPHOP DJとして活動を開始。 その後様々なジャンルを通過したのち、レイヴカルチャーに傾倒し、2001年より横浜発アンダーグラウンドParty [DIGITALBLOCK]をDJ Daijiroと共にスタート。フロアの空気と共鳴しながら進んでいく安定感のあるプレイで、関東を中心に全国各地のコアなフロアを揺らし続けている。
またグラフィックデザイナーとしての一面も持ち、様々なParty Flyerのデザインや、最近ではAFFKT率いるスペインの人気レーベル[SINCOPAT]のレーベルデザインも手がけている。

http://www.digitalblock.net/
https://www.mixcloud.com/djchoko/
https://junyamatsuyama.tumblr.com/

Nao (rural | addictedloop)
 


大学時代に音楽制作を開始する。
現在は、多くの良質なアーティストを来日させ、夏の野外パーティとして知られるruralのレジデントDJを務めているほか、Quietstorm氏と月1回のレギュラーパーティLivingRoomを開催するなど、幅広いジャンルをプレーするDJである。
Fuji Rock FestivalやDommuneにも出演するなど、精力的に活動中。

Kojiro (Re:birth Festival/Hypnodisk)
 


2013年より始動したRe:birth Festival主催者。長年Space GatheringやWaon Productionと共に活動。渚音楽祭や数々のパーティに携わってきた経験を生かし、トランス〜テクノを基軸としながらもジャンルを超えてDJ/LIVE/VJ/オーガナイズなど多才に活躍。
Eclipse Festivalなど海外のパーティにも積極的に関わり、世界各国でのプレイ経験も豊富。音、光、アートのさらなる進化を探求する。

DUBO (iLINX | GLOBAL ARK)
 


東京都出身。中学生時代からターンテーブルに触れ、ヒップホップやアブストラクトといった音と出会い、98年より本格的にDJを始める。
所謂クラブ・ジャズを主軸とし、ジャンルレスなプレイスタイルで渋谷 the roomや西麻布 yellow等、都内各所のレギュラーイベントに参加し経験を積む。
某所で行われた”teknival”でのDJがきっかけとなり08年頃からテクノと野外の魅力に取り憑かれ、知る人ぞ知るオープン・エアー・パーティ “iLINX(イリンクス)” 始動時から参加し今に至る。
また、2010年からの5年間は宇都宮にある老舗クラブ sound a base NESTにおいて、shin nishimura主宰”PLUS TOKYO”の地域版である”PLUS utsunomiya”の一員として参加。
2015年4月より活動拠点を長野県に移す。暗くディープ且つ高揚感を感じる音をミックスに取り入れグルーヴを紡ぎだすスタイルに努めている。

六弦詩人義家
 


幻想的なバックトラックに共鳴するエレクトリックギターと詩の朗読を重ねた前衛的なパフォーマンスを繰り広げる孤高の吟遊詩人。
2009年から活動を開始、ライブハウス、野外フェスでの演奏の他、これまでに美術展や映画の音楽を手掛ける。
2012年 朝霧高原で開催された野外ロックコンサート”いのちの祭り2012″に出演。
2013年 下北沢Gardenで開催された”Shimokita Voice 2013″では七尾旅人、大友良英と共演、翌年の”Shimokita Voice 2014″では渋さ知らズ、青葉市子、山本達久 と共演。
下北沢の街を舞台にしたドキュメンタリー映画「下北沢で生きるSHIMOKITA 2003 TO 2014」では主役と音楽を担当し同作品は2015年に下北沢トリウッドで劇場公開された。
2014年からGlobal Arkのオーガナイズに参加。
2016年からShimokita Voiceの運営統括者に就任しその活動領域を広げる。

Ryoichi Komagome (GLOBAL ARK | 波紋-hamon-)
 


岩手県出身。ファッションやストリートカルチャーが盛んな盛岡の空気を存分に吸い込んだ後、1998年に大学入学により居を移した静岡の地にてDJキャリアを開始。2000年頃にはYONE-KO、DJ Masdaらとともに深淵系テクノ/ブレイクビーツ/エレクトロニカを追求するパーティー “波紋-hamon-“を立ち上げ、現在もその主宰として都内や静岡で精力的な活動を行っている。ミニマル・ダヴやインダストリアルテクノ、ブレイクビーツを主体としたプレイスタイルで大地や大気が自ずから鳴っているような音表現を特徴とする。


GLOBAL ARK 2017 CONTINUES...

6.24 Sat@Shibuya Contact


開催が終わって間もないですが、渋谷Contactでアフターパーティーを開催します!
皆様のお越しをお待ちしております!

Open 22:00
 Door:¥3,000
 W/F :¥2,500
 GH S Member:¥2,000
 Under23:¥1,000
 Before11PM:¥1,000

〒150-0043 
東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館B2F
03-6427-8107

DJ LINE UP

STUDIO X
 Henning Baer (Grounded Theory | MANHIGH | Sonic Groove | Berlin)
 DJ MIKU
 Johan Nex
 O-MA ▷Live
 Yoshitaka Shirakura (Conflux)

CONTACT
 ARTMAN
 DJ SODEYAMA
 OZMZO a.k.a SAMMY (Real Grooves | HELL m.e.t)
 ENUOH (ΦΤΦ | THE OATH)
 DUBO (GLOBAL ARK | iLINX)
 RYOICHI KOMAGOME (GLOBAL ARK | 波紋-hamon-)
 六弦詩人義家(GLOBAL ARK) ▷Live
 DJ MIKU


End of GLOBAL ARK 2017

Open Air Party @Yatsugatake-Utsukushi Mori Rodge


 
 
GLOBAL ARK 2017へお越しの皆さま、ありがとうございました!!
晴天にも恵まれ、とても素晴らしいパーティーをすることができました。
来年も開催できるようにスタッフ一同がんばりますので、
どうぞよろしくお願い致します。


Dj

Area Line Up


【 Ground Area 】
AKUFEN -Special Live Set-
Reeko (PoleGroup / Mental Disorder)
 
TOHRU TAKAHASHI (GODFATHER)
DJ K.U.D.O a.k.a ARTMAN
DJ MIKU
KAORU INOUE
J.A.K.A.M. (NXS/CROSSPOINT)
EBZ 【LIVE】
DJ SODEYAMA
GO HIYAMA (Hue Helix)
TOMO HACHIGA (HYDRANT)
V. (Twinetrax)
NaosisoaN (Global Ambient Star)
CHOKO (Digitalblock)

【 Wood Land 】
DJ YOGURT
DJ MAYURI (REBOOT)
SINSEN (SL9)
ENUOH (ΦΤΦ/THE OATH)
MATSUNAMI (TRI-BUTE/EXPECTED/KOMA)
Bob Rogue (Miniscule/Wiggle Room)
山頂瞑想茶屋 (Lo hype)
ngt. (rebel base)
KATSU ARAI ( PLUS RECORDS / SOUND A BASE NEST )
Dai (Forte/茶澤音學館)
ZEN○ (Natural Parmanent/ZIPANG)
ALONE (Transit/LAw Tention)
Yamanta (Cult Crew/Bio Sound)
mushic 【LIVE】
Keita Endo
HIRAMOTO (HARVE/tenbin)
TORAgon (NIGAYOMOGI)
KOMAGOME (Global Ark/波紋-hamon-)
六弦詩人義家 with Bianca&Guacamole Queen 【LIVE】

【 River Area 】
BRYAN BURTON-LEWIS
DJ BIN (Stargate Recordings)
SCHARRE (KOMPAKT)
R1 (Horizon)
DJ Dante (push..)
OZMZO a.k.a SAMMY (Real Grooves/HELL m.e.t)
AQUIRA(MTP/Supertramp)
DUBO (Global Ark/iLINX)
Kojiro (Hypnodisk/Re:birth Festival)
MASAYASU (MYSS)
HIDAI (OtOdashi/PARAMOUNT)
katsu (LoveHenhouse/bivouac)
Nao (rural/addictedloop/LIVING ROOM)
AGBworld (INDIGO TRIBE)
PEAT (ASPIRE)
TMR Japan (PlayGroundFamily)
Ken2 (Global Ark)


【 Light Show 】
OVERHEADS CLASSIC
【 Vj 】
Kagerou
HAL(MIDORI/CAIZOC)
【 Sound Design 】
otOdashi UDON SOUND SYSTEM
【 Decoration 】
Taiki Kusakabe

【 FOOD 】
宮古島食堂
Freewill Cafe
Food studio ODA家
Gypsy Cafe
café Ubique
MAHO JUNCTION
 
【 SHOP 】
Amazon Hospital
UPPER HONEY
TrishuL
Live with Love
Sunshine Spirit
Matilda


PLACE

Adress & Access


● アクセス
【八ヶ岳美し森ロッジ】
山梨県北杜市 大泉町西井出石堂8240-1
TEL 0551-48-2311


【車】
中央高速道路「長坂インターチェンジ」から約30分
※都内からは首都高「永福」から長坂まで1時間50分

【電車】の場合
JR中央本線「小淵沢」乗換 JR小海線「清里」下車 約3Km
タクシー約5分
※新宿から清里まで約2時間20分~30分
 (特急スーパーあずさを新宿~小淵沢まで乗車時)

● ACCESS
【Yatsugatake Utsukushimori Rodge】
8240-1 NishideSekidoh Ohizumicho Hokuto-Shi Yamanash-Ken
 Kosuge-mura, Kitatsuru-gun, Yamanashi-ken, Japan
TEL +81 551-48-2311


【BY CAR】
30 minutes by car from CHUO EXPWY "Nagasaka IC"
It is 110 minutes by car from Tokyo Eifuku IC to the Nagasaka IC

【BY TRAIN】
Shinjuku (JR Chuo Line) → Kobuchizawa (Transfer to the Koumi Line)
→ Kiyosato → (By TAXI. It is only 5min/ 3km) →
Yatsugatake Utsukushimori Rodge


● NOTICE
※ ゴミをなるべく無くすため、飲食物の持ち込みをお断りしておりますのでご協力お願いします。やむをえず出たゴミは各自でお持ち帰りください。
※ 山中での開催ですので、天候の変化や、夜は冷え込む可能性がありますので、各自防寒着・雨具等をお忘れなく。
※ 会場は携帯電波の届きにくい環境となってますのでご了承ください。
違法駐車・立ち入り禁止エリアへの侵入及び、近隣住民への迷惑行為は絶対におやめください。
※ 駐車場に限りがあります、なるべく乗り合いにてお願いします。
※ キャンピングカーでの来場を予定されている方は、会場における駐車の可否を判断させて頂くため車種・寸法等を必ず事前にmail@global-ark.netへご連絡ください。
※ お荷物・貴重品は、各自での管理をお願いします。イベント内で起きた事故、盗難等に関し主催者は一切の責任をおいません。
※ 天災等のやむ終えない理由で公演が継続不可能な場合、アーティストの変更やキャンセル等の場合においてもチケット料金の払い戻しは出来かねますので何卒ご了承ください。

※ 写真撮影禁止エリアについて。
GLOBAL ARKではオーディエンスの皆さまや出演者のプライバシー保護の観点から各ダンスフロアでの撮影を禁止させていただ いております。
そのため、Facebook、Twitter、その他SNSへの写真及び動画の投稿、アップロードも絶対にお控えくださるようお願いします。尚、テントサイト、フードコートなどでの撮影はOKですが、一緒に来た 友人、会場で合った知人など、プライベートな範囲内でお願いします。